ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
地主
不動産屋にとって最も魅力的な顧客といえば『地主』です。多くの不動産を所有する大地主は複数の不動産屋と付き合いがあり、各社が『財産の管理・運用・処分を任せて欲しい』と考えています。

地方都市では、地主=農家ですね。広い土地にアパートを建てたり、相続の際は相続物件を処分したりと、不動産屋の優良顧客であることは間違いありませんが・・あてが外れる事も多いです。

大地主は複数の不動産屋と付き合うケースが多いので、不動産業者同士が水面下で仁義なき戦いを繰り広げています。賃貸管理を任されているから、売買の際も・・なんて考えは甘いです。

預金している銀行の紹介で不動産会社が出入りしたり、アパート建築業者が頻繁に訪問したり、地主の息子や娘が親の不動産を管理するために、不動産屋を開業したり・・と油断できません。

よく不動産屋の社長さんが、『あの地主は先代からの付き合いだから大丈夫!』なんてノンビリした事を言っているのを耳にしますが・・不動産屋は、『今まで面倒をみてきた。』と思っていても・・

地主は、『今まで儲けさせてやった』と思ってるケースもあります。過去の付き合いは、過去の因縁でもあり、不愉快な取引や出来事があった可能性もあります。それを不動産屋は忘れていても・・

地主は忘れてはいません。たとえば、地主が過去の取引について、『安く買い叩かれた!』と周囲に愚痴を言っていたとしても、不動産屋の耳には入りませんよ。ま、油断しない事です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.