ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
仲介営業
営業とは、商品に惚れこみ、自信をもって売る仕事ですが、不動産仲介の営業職は微妙に、いや、かなり違いますね。扱う商品(物件)の大半が中古物件です。故障・不具合は珍しくもありません。

自信をもつどころか・・売るのが怖いと思える物件もあります。とても『商品にほれこみ・・』とか、『自信をもって売る・・』なんて無理。そもそもスタンスが違います。仲介営業は商品を徹底的に疑り・・

調査後でさえも、不安な気持ちで売る仕事です。(笑)そのような意味では特殊な営業職といえます。完璧な物件などありません。自信をもって売るのは、何も知らぬ新人と無責任な馬鹿だけです。

仲介は流通物件を扱いますが、気に入った物件でもタイミングが悪いと他業者に先を越されます。時間との勝負と分かっていても、それを顧客に言えば『焦らせる行為』 『強引』と思われることも・・。

駆け引きをするシーンも多く、売主も買主も仲介者も心の探りあいをします。いくらなら買うのか?・・いくらまで下げるのか?・・商談が壊れる事を恐れて弱きになれば、心理的に不利になります。

契約が無ければ悩み、契約をする事でも悩み、契約後も不安がつきまとう・・それが仲介営業かな。だから同じ不動産の営業職でも、新築マンションや建売の営業職には理解できない世界です。

商品は、給湯器のぶっ壊れた築20年以上の中古住宅だったりします。なにか問題が発生すれば全て担当者が対処します。(売るだけなら楽なのに・・)と思う事もあります。・・でも、面白い仕事です。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.