ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
制度の功罪
少し前の話になりますが、国土交通省の「賃貸住宅管理業者の任意登録制度創設」が発表されましたよね。ま、任意の登録制度とはいっても、登録業者の信用度を高めることで、非登録業者に・・

不信感が生まれる効果は期待できます。消費者は登録の有無で【信用できる業者】と【信用できるとは限らない業者】を判断する流れとなります。表向きは任意でも、実質は強制みたいなものです。

登録業者は、『登録業者だから安心ですよ!』とアピールするに決まってますので、登録しない業者は商売がやりにくくなるわけです。登録業者が遵守すべきルールとして予定されている内容は・・

○管理内容の書面交付
○行き過ぎた督促行為の禁止
○管理受託契約内容の重要事項説明
○財産の分別管理
○その他・・

・・と、まぁ、学者が考えそうな内容です。行き過ぎた催促を禁止して、やさしくて甘い催促をするわけですが、結果的には、「催促しなくても払う人だけ入居させる」という流れになるのは絶対確実です。

賃貸管理会社が安心できる『安定した勤務先・長い勤続年数・ゆとりある年収・確実な連帯保証人・・』という高いハードルをクリアした入居申込者は良いですが、そうでない人は困ったことになります。

登録手続きの開始後は急激に入居審査が厳しくなるでしょう。『賃借人の利益保護のための登録制度』ですが、賃借人になれる人は厳選され、新たなに入居差別という社会問題が発生しますね。

その時は、『入居希望者の利益保護のための登録制度』でも作るのかな。(笑)「入居審査に関わる業者の任意登録制度(仮称)」なんてね。ま、それはそれとして、天下り団体は作らないでね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.