ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
歩合の話
不動産営業の固定給や歩合給は各社それぞれ違いがありますが、それなりに稼げる時期をベースに設定されているものです。仲介の歩合は仲介手数料に歩合率をかけて計算するわけですが・・

不動産の価格と連動しますので、不動産が上がれば手数料も上がり、歩合給も上がります。今は・・価格が下がり、手数料も下がり、歩合給も下がった・・という地域が多いと思いますよ。しかも・・

物件の動きが鈍い・・人気エリアは競合は激しすぎて成約に至らないのが現状です。地場業者の営業には、『大手のほうが稼げるはず』と考える者もいますが、大手系は社内の競合が激しく・・

歩合率も低いので数多く契約する必要があります。たとえば・・大手系の仲介営業マンが3つの契約をして稼ぐ歩合と・・地場業者の仲介営業マンが一つの契約で稼ぐ歩合が同じだったりします。

逆に、大手系の営業マンは『地場業者は歩合率が良い』と考えますが、地場業者は大手ほどのチラシ反響も来店もありませんよ。地場の営業マンが大手に転職して成功する例が多いですが・・

大手の営業マンが地場業者に転職すると辛いですよ。大手系の営業は、顧客と出会った段階で既に信頼を得ていますが、地場業者の場合、信頼を得るための努力から始めなければなりません。

顧客から信頼を得られないと・・契約前日の夜、もしくは当日の朝に、『じつはですね・・』と断りの電話がかかってくるパターンとなります。歩合率が高くても、その分、苦労するのです。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.