ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
メモ
私は、不動産営業マンとして数多くの不動産会社を渡り歩いてきたわけですが、そのような経験からか?・・何処の不動産会社に転職しても、退職する事を想定した動きを意識するようになりました。

人生は出会いと別れの連続ですが、出会いの段階で別れる事を考えているわけです。・・で、具体的な例ですが、不動産の契約をする際は、将来にトラブルが発生した時に備えてメモを残します。

契約の段階で悪い予感がする事は多いのです。不安要因があるわけです。契約書には記載しなかったけど契約当事者が合意した事や、重要事項説明に記載しなかったけど説明した事などです。

些細な事でもメモにして、契約書や重要事項説明などの保存書類に添付しておきます。誰が見ても理解できるような文章・表現で記録する事は言うまでもありません。作成日時や署名も書きます。

契約書や重要事項説明に記載すべき事項に関して上司に相談した際に、「書面に記載する必要なし」と指示された場合・・担当者が退職後にトラブルが発生したら、上司は言い逃れするのでは?

「死人に口なし」・・と昔から言いますが、何かトラブルがあると退職者のせいにする者もいます。会社から見れば退職者は死人と同じです。遺書なり遺言なり残しておかないとね。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.