ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
権利なき男
不動産売買の仲介をする相手として最も嫌な相手は、『権利なき男』です。内縁の妻が売主または買主なのに、内縁の夫が、『話は俺が聞く!』なんてケースです。夫婦の場合でも同じですよ。

妻が売主(所有者)なのに、夫が何もかも口を出さないと気が済まないタイプとかね。まぁ、夫が金を出して購入した家だけど、妻名義にしてある・・というケースなら、夫の主張も理解できますが・・

妻が相続で得た不動産だったり・・妻が独身時代に貯めたお金で購入するケース・・夫は住宅ローンが組めず、収入のある妻が住宅ローンを利用して購入するケース・・等では妻が主役ですよ。

しかし、アレコレと文句だかり言うのは本人ではなく夫だったり内縁の夫だったり・・権利もないのにプライドだけは高くて困ります。売却の媒介契約でも売主本人の署名押印が必要なわけですが・・

『私でかまわないよ!』と言いだすことも・・(アンタの署名じゃ意味がないんだよ!)とは思っても、キーマンである事は事実なので、担当者としては依頼人側の人を怒らす事は避けたいわけです。

・・で、媒介契約書や媒介更新の書類程度なら、依頼者本人の意思確認をしたうえで、依頼人の夫や、依頼人の内縁の夫による代筆を認めるケースもあります。ま、柔軟な対応ってやつです。(笑)

金は出さないけど口だけは出す親も強敵ですけどね。不動産営業マンは売主と買主だけ見ていてはダメです。商談をまとめる事と同様に、身内に商談を壊わされないように注意しないとね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.