ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
現実的な話
家賃の悪質な取り立てから住居の賃借人を保護する新法案は厳しい内容です。違反者は2年以下の懲役または300万円以下の罰金・・って、そこまで厳しくして家賃滞納者を保護するわけですね。

滞納者だけを一方的に保護する内容になるとは思ってました。賃貸管理業者にとって一番の悩みは賃料の滞納です。今後は、『だったら部屋は貸さないよ!』という世界に突入するのは確実です。

不況で収入を断たれ家賃が滞る非正規労働者らが増える・・滞納した借主が強くなり、滞納された貸主が弱くなる・・非正規労働者に部屋を貸さないのが常識となれば急激にホームレスが増えます。

賃料の保証料も現在の倍額にはなるはずです。賃貸の入居審査が厳しくなり、部屋を借りたいと思い不動産屋を訪ねても物件紹介は仮審査後になります。案内しても無駄な人が増えるからです。

まぁ、貸主も空室ばかりになっては困りますので対応策は必要です。連帯保証人を3人以上つけてもらうとか、入居申込者が現在借りている部屋の貸主が書いた紹介状の提出を条件にするとかね。

また、家賃滞納者が親戚や友人の部屋に転がり込むケースや、他人名義で部屋を借りるケースが確実に増えますので、入居後も賃貸管理業者による賃借人の定期的な監視が必要になります。

ただでさえ、『敷金を全額返せ!』とか、『更新料は違法だ!』なんて言う賃借人が増えているのに、これ以上の保護をすると、最強の弱者はヤクザより怖い存在になりますね。(笑)・・ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.