ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
商談中でラッキー
物件確認で『商談中』と断る大手系列不動産仲介会社は多いですが、それで得をした地場業者もいます。ある地場業者がレインズに登録した中古住宅は、近隣相場より少し高い価格設定でした。

レインズで近隣の物件を検索すると、その媒介物件より優良な物件が2つありました。地場業者の営業マンは、(この2物件がある限り当社の媒介物件は売れないな・・)と思っていたのですが・・

ある日、業者から物件確認があり、紹介するとすぐ現地案内~買付~成約となりました。レインズで情報公開中の売物件の中に、その物件より優良な物件が2つもあるのに何故?売れたのか?

客付業者は顧客のために物件検索して、その2つの優良物件も見つけたのですが・・2物件とも大手系列仲介会社の媒介物件で、物件確認をしたら、『商談中です。』と断られたのです。だから・・

紹介可の物件だけを案内して成約した・・ということです。成約した物件の媒介業者はラッキーでした。ライバル物件の物元業者が、物件確認で断り続けてくれたおかげで成約たわけですね。(笑)

商談中で紹介不可の物件は、この世に存在しないのと同じなのです。大きい会社がレインズで長期間晒してる専任物件は、コレクターが趣味で集めているだけの非売品(笑)ってかんじかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.