ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
説教じみた話
今日は説教じみた話でもしますか。対象者は地場業者の社長さんです。上から目線で語るつもりはありません。僭越ながら・・と下から目線で言わせていただきますが、同業者やブローカーから・・

『領収書をきって欲しい』とお願いされる事はありませんか?正規の報酬額の10%とか20%とかで、仲介手数料の領収書を発行したり、売買契約書に仲介業者として記名押印したり・・ダメですよ!

法令順守の意味は無視しても訴訟リスクが残ります。架空の仲介手数料をきった場合、赤字決算なら税金からは逃れられるかもしれませんが、仲介印も押せば訴訟リスクは負わされた立場です。

『領収書を発行するだけだろ?』と思っても、それにともない形式だけでも売買契約書に仲介者として記名押印してしまったら、宅地建物取引業法、民事訴訟法、その他の責任が発生するのです。

小銭稼ぎで記名押印して・・数年経過してから過去の取引に重大な過失が発見されて取引関係者から訴えられる・・なんて事もあります。そのような事態も考慮して損得を考えてみては?ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.