ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
約束
私は新人の頃、「冗談でも、紙に書いて印鑑を押してから笑いなさい。」と上司から教わりました。物件を案内した時には、『買います!』と言った顧客が契約直前にキャンセルする事もあります。

だから上司は、『口約束など信用せずに、さっさと購入申込書を書かせろ!』という意味で私に言ったのだと理解しました。・・しかし、私は別の考え方になりましたよ。鉄は熱いうちに・・打ちません。

口約束の時間を長くとり、キャンセルしたい気持ちがあるのなら、キャンセルする機会を与える・・そうする事で篩いにかけて、『口約束を守る人』だけを厳選して契約をするという営業スタンスです。

案内してすぐに購入申込書を書かせるなんて事はありえません。その場で、『絶対に買います!』と熱く語る人に限って、翌朝に電話をしてきます。『じつはですね・・』と聞けば悪い予感的中です。

口約束などあてにならないから書面にする・・契約書が必要となる・・当然の事です。しかし、口約束を守らない人と無理に契約をしても契約を履行するとは限りません。ま、その時は違約ですが・・

違約金を払う約束を守るとは限りません。守らなければ法的に回収するしかありませんが、回収できるほど財産があるとは限りません。そのような「・・印鑑を押しても笑えない」ケースもあるのです。

私は口約束を守る者は信用しますし、口約束を守らぬ者は信用しません。・・それが上司でも部下でも、顧客でも取引先でも、友人でも恋人でも例外はありません。・・恋人はいませんけど。(笑)

『口約束を守らぬ者には、書面で約束させる主義』だった上司と、『口約束を守らぬ者とは契約をしない主義』の私・・その上司は自殺しましたが、私は今日もなんとか生きています。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.