ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
任せる理由
社長一人でやってる建売会社があります。いつ訪ねても一人です。社有物件は大手系列仲介会社に専任媒介で任せています。どのような理由で大手に任せているのか?を聞いてみました。

『大手に任せると楽なんだよ。』との事でした。大手の知名度や販売力は当然のごとく期待しているようですが、契約にともなう物件調査や重説、契約書の作成もキッチリしてるので安心できるし・・

クレームも安心して任せるというのです。『クレームもですか?』と聞くと、『何か問題が発生しても、売主責任より先に仲介業者の説明責任を追求する流れにしている。』との返答でした。説明責任・・

引渡し後にクレームが発生すると、まず最初に、仲介した大手系列仲介会社の担当を呼びつける。そして、『オマエがキチンと説明をしないからクレームになるんだよ!対処しろ!』と言うそうです。

建物については売主責任から逃れる事はできませんが、それ以外の事は全て重説のとおりであり、説明と違う点が問題になった時は、仲介会社の調査ミスや説明不足を追求するわけですね。

逆に、ガツガツと営業している地場業者が客付けすると、決済時には担当者が、『今後は何かありましたら売主様に直接ご連絡してください。』なんて言って逃げるから苦労する・・とも言ってました。

『何かあったら・・』てクレーム以外は考えられませんよね。問題が発生したら、その度に仲介会社に連絡してくるのではなく、売主業者へ直接に連絡して勝手に解決してくれ!手間かけさせんなよ・・

・・て意味ですよね。しかし、売主としては、『少しでも仲介会社に責任を負わせて自社の責任を転嫁したい』と思いますので、逃げ隠れできない大手に販売を任せる・・という話でした。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.