ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
エアコンの修理代
知人の社長さんから賃貸のクレームについて相談がありました。ま、社長さんが、『エアコン・・』と言った瞬間に、私はすべて理解しましたけどね。もちろん最後まで聞きましたが、予想通りでした。

賃貸物件に設置してあるエアコンが故障した・・借主は家主に対して修理しろと要望・・家主は拒否・・契約書類には・・エアコンは付帯設備として記載されていない・・以前に借りていた人の残置物・・

ま、こんなかんじかな。エアコンのクレームは多く、賃貸クレームランキングがあるとしたら上位にくるでしょうね。(笑)判断材料には、いくつかのポイントがありますので、簡潔に書いてみます。

○民法606条1項では、「賃貸人は賃貸物の使用及び収益に必要なる修繕を為す義務を負う。」と定めています。「賃借人の故意・過失がない限り家主に修繕義務がある」というのが原則です。で・・

特約で修繕義務を賃借人に負担させる事は可能ですが、「修繕範囲は小修理・小修繕の範囲に限られるべきである」という判例が複数あります。ちなみに小修繕は一般的に1万円以下みたいです。

○重説・契約書に、「エアコン有」で、付帯設備として記載されていたら、家主負担・・ま、これが原則ですね。

○重説・契約書に、「エアコン有」+「修理は借主負担の特約有」なら借主負担も有効・・小修繕の範囲を超える場合、家主負担かも。

○重説・契約書に「エアコン有」とだけ記載・・家主負担ですね。

○重説・契約書に「エアコン有」とだけ記載したが、本当は以前に借りていた人の残置物・・説明してないのなら、家主負担ですね。

○重説・契約書に「エアコン有」+「残置物につき修理費用は借主負担の特約有」・・借主負担ですね。

○重説・契約書に「エアコン無し」+「残置物のエアコン有」+「残置物のエアコンの修理は借主負担の特約有」・・借主負担かな。

○重説・契約書に「エアコン無し」と記載、エアコンは借主が購入して設置したもの・・当然ながら借主負担ですね。

・・上記は私の個人的な見解です。前の借主が置いていったエアコンはどうするか?・・については、会社として方針を決めておかないと、毎回、同じようなクレームで忙しくなりますよ。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.