ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
逃げるが勝ち
賃貸業者を困らせるのは賃借人とは限りません。偏屈で頑固で変わり者の貸主も珍しくはありません。『敷金は絶対に返さない!』と頑張る貸主もいます。ま、最初から知っていれば何処の業者も・・

相手にはしないのですが、知り合った時にはわかりませんので、不運だと関わってしまいます。よくあるケースは・・空室の入居者募集を依頼され、話を聞くと・・『他の不動産屋に任せていたが・・

対応が悪いので別の不動産屋を探していた』なんて自分は悪くないような話をします。取引をしてから、『もしかしたら、貸主に原因があり、以前に任せていた不動産屋に逃げられたのかな・』・と・・

気がつくケースです。最近の事情や、判例などを話してみても理解なんかしませんよ。それで理解するくらいなら、以前に任せていた不動産屋が理解させていたはずです。年をとると頑固になり・・

人の助言なんか聞かない者も多いのです。賃借人も、『貸主が変わり者だから敷金は諦めます。』と納得するはずないので仲介者は非常に困った立場になります。ま、そのような貸主の場合・・

家賃管理や更新手続きは自分で行い、入居者募集と退去手続きだけを業者に依頼するなど、儲からないケースが多いです。それなら相手にせず、他社に押し付けて逃げたほうが良いです。(笑)

素人大家さんも増えた事だし、貸主を審査しないとね。貸主=常識アリとは限りませんよ。借金アリは確実ですけどね。借金で購入して空室ばかりで競売寸前・・なんて貸主も今後は増えますよ。

金持ち父さん目指して、セミナーの連中に踊らされて、フルローンでボロアパートを購入して、空室ラッシュで破産に追い込まれる者が続出します。不動産の怖さを知るのは今からですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.