ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
誠意・誠実・親切・・現実
不動産屋が顧客に対してイメージさせたい言葉があるとしたら、『誠意 誠実 親切』かな。一時的な成功で自己陶酔する者達や、コンサルティング、アドバイザーの者達が大好きな言葉ですね。

ま、営業を語れば最後に行き着くのが誠意・・みんなが同じような営業マニュアル本を読んで、同じような成功者を真似て、同じような話を語るようになる・・そんなとこかな。(笑)滑稽な話ですよ。

誠意・誠実を語る者は多いですが、『お前は誠実を語るほど誠実なのかよ?』と突っ込む人がいないわけです。ま、言論の自由ですけどね。私に言わせていただければ・・誠意じゃ売れませんよ。

誠意が、『私利・私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心』だとしたら、私利私欲なしでは語れない世界なので、無理があると思います。しかし、社員の採用基準に関しては重要なキーワードです。

経営者とすれば、自分を裏切らない素直で誠実な社員が理想なわけです。腹黒い経験者より、素直で子供みたいな者が使いやすいのです。低賃金でも素直に働く誠意ある社員・・は最高です。

優秀な人材は不要・・という社長もいます。成功者の部類です。私の推測ですが、優秀な社員は狡賢いし、上司・同僚・部下を上手に使いこなします。その結果、優秀な社員が常に得をしますが・・

その分、使われた社員は損をします。たとえば優秀な社員が新人君を上手に使い契約をする。新人君は昼飯をご馳走になって終わり・・新人君は売れずに退職・・となると会社に害がありますよね。

周囲の者の利益を優秀な社員が食べてしまうわけです。その結果、周囲の社員が食えずに潰れます。・・一つの檻の中に5匹の犬を入れたとして、4匹がチワワで、1匹がドーベルマンだったら・・

餌は全部、ドーベルマンに食べられてしまい、4匹のチワワは餓死するか食い殺されます。『優秀な人材は不要』 『業界経験者は不要』という言葉の裏には、組織を守るための警戒心があるのです。

余談ですが・・いろいろな不動産会社のトップセールスを見てきましたが、誠意・誠実とは無縁の者ばかりですよ。顔に狡賢さが表れています。悦に入り、『誠意・誠実・親切』を語りますけどね。(笑)

強引な営業で成功した営業マンが『無理矢理セールス成功術』なんて本は出さないし、枕営業で成功した女性営業職が『お色気営業術』をセミナーで語る事はありません。美談だけを語るのでは?

考えれば分かることですが・・自らを『私は誠実な人間です。』と宣伝する誠実な人はいませんよ。・・誠実や誠意・思いやり・親切・・という言葉を使う者ほど信用できないのが現実です。・・ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.