ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
報酬
先日、知人の社長さんと話をしていた時に、『これ以上の値下げは売主さんが応じないから、その時は当社が受領する仲介手数料を値引きして話をまとめるしかないな・・』と、社長さんが言うので・・

私は、『そのような交渉はすべきでない。』と助言しましたよ。気持ちは分かります。不動産仲介は成約しなければ1円にもならない商売です。売買価格の値引き交渉でどちらも譲歩しない場合・・

交渉決裂です。大手の仲介会社なら、よほどの事がない限り仲介手数料の値引きはしませんが、地場業者は妥協して仲介手数料の減額で売主・買主の手取り金額を調整する事も多いのです。

媒介を受けてすぐに購入申込が入った場合などは、あまり営業活動もしていないし広告経費も使わなかった結果なので、仲介手数料が高すぎるとか、不動産屋が儲け過ぎだと言う売主もいます。

では、仲介手数料とは何なのか?・・媒介などにより不動産取引をしたときに媒介業者へ支払う成功報酬のことです。媒介契約を根拠とする報酬で、上限は宅地建物取引業法で定められています。

しかし、単純に『紹介料』と考えるほど軽い意味の報酬ではありません。現実的には、いろいろな意味が仲介手数料の中に含まれています。○不動産調査の責任○営業活動の実施と経費負担・・

○仲介業者の信用力による依頼者の利益○自社のノウハウによる安全性の高い契約関係書類の作成○善管注意義務○仲介責任と仲介業者が負わされる損害賠償リスク・・他にもありますよ。

仲介手数料と引き換えに仲介業者が負う『義務・責任・リスク』は重すぎるくらいです。これは法的に負わされるリスクであり、契約書に、『仲介業者は一切の責任を負いません。』と記載しても・・

責任を逃れる事はできません。また、仲介手数料を減額しても責任は減免されません。報酬額を上限として責任を追及されるわけではないのです。手数料が半額でも責任は満額です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.