ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
間口と道路幅員
私は私道.netの管理人も兼ねていますので、道路の話でも書きます。新人君と一部の不勉強な営業マン向けの話です。建築物の接道義務って、建築基準法の道路に間口2M以上は接する事で・・

敷地延長(路地状敷地部分)の場合は間口だけではなく、路地状部分の全て(始点から終点まで)2M以上の幅員を確保しなければならない事は、先月に、直径2mのボール の話で書きましたが・・

それは一般的な戸建などのケースです。たとえば、特殊建築物に関しては東京都建築安全条例で、『路地状敷地の制限』や、『前面道路の幅員』の定めがあります。間口2Mや道路幅員4Mでは・・

建築が許可されないケースがあります。敷延も路地状部分の長さにより2Mの幅員では足りないケースがあります。条例は地方公共団体により違います。ま、詳しくは関連する条例を調べてください。

『間口が2Mあれば、賃貸マンションも建築できるのかな?』とか、『前面道路の幅員が4Mあれば、どんな建物でも建築できるのかな?』・・などの初歩的な疑問点は早めに解決しておく事です。

事業用地を探している顧客に目的を達成できない土地を紹介したら大変ですよ。契約前に発覚しても信用を失います。契約後なら仲介責任が生じます。決済後に発覚したら・・怖い怖い。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.