ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
物件確認10
宅地建物取引業者が専任媒介で物件の委任を受けた場合、7日以内(定休日を除く)に不動産流通機構「レインズ」に登録しなければなりませんが・・これが諸悪の根源かな。長すぎると思います。

ま、運用の問題なんですけど、「1週間は登録しなくていいから、その期間が両手成約のチャンス!」と考える不動産会社が多いんですよ。・・で、その延長線上に、「1週間が経過してしまったから・・

レインズ登録してレインズの登録済証も依頼者に送るけど、検討している顧客もいるし、成約しそうな雰囲気もあるから、しばらくは他社から物件確認があっても商談中と断ろう!」となるわけです。

大手の『商談中』は会社の判断だったり、担当者の判断だったりしますが、担当者が勝手にレインズ登録する事は少なく、多くの場合、上司に相談します。・・というより上司の許可が必要なのです。

『この物件を、そろそろレインズ登録したいのですが・・』と相談して、『まだ登録しなくていいよ。』とか、『馬鹿野郎!今週末のチラシに大きく載せているんだろ!』とか言われる者も多いのでは?(笑)

私は何処の会社に在籍していてもレインズ登録は速いほうでしたよ。そのほうが楽できるから。(笑)ま、マナーの悪い同業者との取引を避けるのは今も昔も徹底していますけどね。悪質な業者に・・

『御社はマナーも評判も悪いので取引をしたくないです。永遠に電話してこないでください!』とは言えませんよ。企業舎弟みたいな怖い会社もあるしね。『商談中』と言うしかないのが現実です。

『商談中』と断る事に関しては地場業者よりも大手系列会社のほうが悪く言われていますが、少なくとも大手系列会社は、【1週間以内の登録】を気にしてはいますよ。・・しかし地場業者の中には・・

最初から最後まで登録する気がない会社もあるのでは?そもそも、レインズの登録方法も知らない業者が存在すると私は思ってますよ。(笑)・・一般の人には分からない話でした。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.