ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産ブローカー4
日本の不動産業界で「不動産ブローカー」と呼ばれる連中の多くは、無責任で信用してはならない要注意人物だと私は思っていますが、そんな連中も「不動産ブローカー」とは名乗っていません。

不動産ブローカーの大半は、知人の業者でテキトウな名刺を作ってもらい、成功報酬で動くフルコミッション営業です。名刺の肩書きは「営業部長」が多いですが、中には会長だの専務だのと・・

立派な肩書きの者もいます。名刺に「取締役専務」と書いてあっても、取締役の部分は嘘である事が多いですね。もちろん、「専務」の部分でさえ嘘だと思います。(笑)権限の無いフルコミですよ。

建売用地を転がしている不動産ブローカーは、開発行為や農転に関してある程度は詳しいのですが、地主を上手く騙して、自分達だけが儲かるプランを思い描き、自己陶酔する愚かな面もあります。

地主に土地を提供させて・・開発許可を得て・・道路を入れて区画割り・・道路は市区町村へ移管、宅地の区画は建売にして、地主に払う土地代金は、売れ払い(売れたら払う)・・なんてね。(笑)

売れても、土地建物の内訳で、「建物価格」を高くして「土地価格」を低くすれば、地主への支払いは少なくなります。当初の計画どおりになるケースは稀です。トラブルになる確率は高いですよ。

地主から「建売業者の偉い人から、土地を売って欲しいと言われた」と相談される事もあります。調べてみると・・名刺の役職は嘘・・不動産ブローカーが自分達だけ儲かる話を仕掛けているのです。

素朴な地主さんは簡単に騙されます。騙された事にさえ気がつかず、不動産ブローカー(表向きは不動産会社の幹部)に感謝している者すらいるのでは?・・ま、いろんな人がいますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.