ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも35
不動産仲介営業マンの場合、社内で優位な立場になりたいなら不動産に詳しくなる事です。ま、不動産屋ですから全員がそれなりに詳しいですが、そんな仲間達も知識不足で困る時がよくあります。

困った者は周囲の仲間に相談します。へんな話ですが、上司が部下に聞く(相談する)こともあります。もちろん、聞けば答えられる者だけに聞くわけで、ボンクラ営業マンに相談する者はいません。

困った時に頼れる者は、かなり重宝されます。物件を見に行く時に、「一緒に付いてきて欲しい」と言われ・・クレームがあれば、「法的にはどうなんでしょう?」と聞かれ・・商談がまとまった時は・・

契約関係書類のチェックを頼まれます。社内で、「相談される立場」になれば良い話が舞い込むようになります。誰もが、「味方にしたい!」 「助けてもらった借りを返したい!」と考えるからです。

複雑な権利関係の物件や瑕疵のある物件など、他の営業マンが敬遠する案件は、「適任者」として任せられます。それが暗黙のルールになる事もあります。・・そうなれば最強の営業マンですね。

上司にゴマをする・・部下にご馳走する・・社内営業術はいろいろありますが、不動産や取引に詳しくて頼れる存在を目指すと良いです。ま、詳しくても契約できないと居場所を失いますけどね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.