ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも37
数百万の土地を仕入れる契約をして銀行融資を断られる不動産屋もあります。一般消費者のように、「ローン条項による白紙解約」などできるわけもなく、結果的に手付解約か違約解約となります。

どうにか白紙解約に持ち込もうと、契約関係書類を粗探しして、売主責任や仲介責任を追及する業者も稀にいますけどね。往生際が悪いというか、プロ失格というか・・ま、いろんな業者がいます。

銀行から金が出るか?出ないか?・・くらいの事は、契約前に確認するのが常識だと思いますけどね。不動産売買の仕事を長くやっている者ほど油断が生まれます。慣れとは本当に恐ろしいです。

不動産屋って、意外と現金が無いんですよね。少し大きい地場業者でも、500万、1,000万の現金を用意するに苦労してます。ギリギリの資金繰りで綱渡りをしている不動産屋も珍しくはありません。

業者(買主)の資金繰りを知れば知るほど怖くなる時があります。(聞かなければ良かった・・)とか、(知りたくなかった・・)なんてかんじです。残金の決済ができるのか?不安になるからです。(笑)

よくあるケースですが、業者が数百万の物件を仕入れする際に、「融資は利用しません。現金で決済します。」と言って契約をしたくせに・・契約後に、「銀行から金を借りて欲しいと懇願されたので・・

とりあえず、融資を利用して決済します。」なんて連絡がきて・・決済直前に何故か?融資を断られるケースもあります。そのような時は、当初の予定どおりに現金で決済すれば良いわけですが・・

その現金が無いと、ノンバンクの融資で決済するか?解約か?の選択です。(最初から正直に融資を使うと言えば良かったのに・・見栄を張って嘘をついたんだな・・)と笑われますよ。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.