ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
更新料の行方 4
また更新料を否定する判決が出たみたいですね。ま、そのうち更新料がなくなっちゃう時代が来るとは思いますが、更新料だけが無くなっても困りますね。更新自体が無くなると契約期間満了で・・

退去するのか?・・って話になるし、期間満了の際は自動的に更新する・・って事になれば、良くも悪くも契約条件を改定する機会というか、節目が無くなるし、数年の契約期間が無意味になります。

家主が得る更新料が無くなっても、更新手続きをする『更新事務手数料』が合法なら、不動産屋が1ヶ月分の更新事務手数料を受領して、半分を家主にバックする・・なんて方法もあります。(笑)

更新料が無くなれば、連動して・・家主が受け取る更新料から、不動産屋が更新事務手数料として半分をバックする方法も無くなります。家主が自腹で更新事務手数料を不動産屋に払うか?・・

更新手数料相当額を管理料として不動産屋に支払うか?それが嫌なら、家主が更新手続きをする事になりますが、月々の管理料だけは不動産屋に払わないと日々の苦情も家主対応となります。

更新手続きに報酬があるから、月々の管理料をもらわないで、苦情の窓口となっている不動産屋も多いのです。事務手数料も否定するなら・・誰も更新手続きや苦情窓口なんか代行しませんよ。

『トイレが詰まった!すぐ来てくれ!』 『隣の住人がうるさくて眠れない!注意してくれ!』 『部屋の鍵を紛失したから、すぐ来てくれ!』・・なんて苦情は日常茶飯事ですよ。対応できなければ・・

借主は出て行き、空室だらけになり、確実にスラム化ですね。とくにボロアパートがヤバイです。金の切れ目は縁の切れ目・・更新手数料が無くなれば、不動産屋としてもサヨナラしたい物件です。

ボロアパート買った素人大家さんは空室だらけで競売続出かな?不動産屋が対応しなくても、素人投資家が頼りにしている不動産投資セミナーの講師達がいるから大丈夫かな。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.