ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
書類のミスでわかること
共同仲介で契約が成立した場合、業者同士で契約条件や契約関係書類(重要事項説明や契約書等)に関する打ち合わせをしますが、書類のやりとりで相手の知識・経験のレベルがわかりますね。

たとえば・・相手の業者が重要事項説明や契約書を作成して、FAXで送ってきたとします。その内容を見て、(あ、コイツ、わかってないな・・)とか、(ダメだこりゃ・・)とか思うことが多いんですよ。

そこまで酷くなくても、特約や備考欄の終わりに入れる【以下余白】 【以上】が抜けていたり、誤字があれば、担当者はもちろんのこと、担当者の上司の能力が低いことも容易に推測できますし・・

そんな社員達に仕事を任せている経営者も、似たようなレベルなのだろうと判断できます。ちなみに私は書類上のミスがあれば必ず指摘します。まぁ、些細なミスなら見逃しても良いのですが・・

別の意味があります。相手の作成した書類を完璧にチェックして、『細かい事を言うようですが・・5ページの中段にある備考のところですが、○○が抜けてますよ。』ってかんじで軽く指摘すると・・

共同仲介の相手に、(この担当者・・キッチリと見ているな・・)と思わせる効果があります。大手系仲介会社も、全ての会社が完璧なわけではなく、いいかげんでミスばかり連発する会社もあります。

会社の規模は判断材料の一つでしかありません。担当者も上司もボンクラの時があります。共同仲介の相手に甘えず、緊張感をもって対応しないと・・共同仲介=共同責任ですよ。(笑)ご用心。

追伸/当ブログは誤字だらけですが、毎晩酒飲みながら書いてますのでご容赦ください。それと週に1度位は応援してください。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.