ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも43
いわゆる一時貸し、短期貸しと呼ばれる賃貸契約では審査が甘くなるものです。知人の社長さん、短期貸しの物件を案内した際に、『すぐに荷物を入れたいのですが・・』と要望されたのですが・・

『お金もってくれば、いつでも鍵を渡しますよ。』と答えたそうです。それを聞いた私は、『とりあえず印鑑とお金ですよね。』と言うと、『印鑑?印鑑をもって来いとは言わなかったよ。』とのことでした。

『大半の印鑑は会社にあるので持参しなければ貸すよ。実印を押しても滞納する奴は滞納するし、滞納しない奴は三文判を押しても滞納しないよ。滞納したら退去してもらうけど。』とも言ってました。

尊敬しますよ。(笑)もちろん、顧客と面談した際に、人物を観察したうえで契約するので、長年の経験と勘による審査はしているわけです。素人がマネすればトラブルになる確率は高いですね。

賃貸契約の審査は厳しくなる傾向です。とくに大手系やフランチャイズ系の大半は家賃保証会社を利用しますので、大手で借りる事ができない人は、爺さん婆さんのやってる不動産屋に行くしか・・

ないのが現状です。そんな流れからか?・・爺さん婆さんの不動産屋を訪ねる顧客の大半が、大手では審査が通らない人・・収入が不安定・・滞納確率が高い・・ねんて事もありえます。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.