ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
たまにある話
法務局で媒介物件の権利関係を調査する際に、前面道路も調べてみたら、市区町村が所有する道路だったとします。安心しますね。・・で、現地にて物件が接面する道路の幅員を計ってみると・・

6mだったとします。安心かな。・・で、契約前に役所へ道路調査に行くと・・公道で、建築基準法第42条2項道路だったとします。道路幅員が4M未満でセットバックが必要な道路・・現況は幅員6M・・

このケースは高確率で、道路の向かい側が大幅に一方後退をして道路幅員を6Mにしたと思われます。もちろん詳しく調査すれば判明します。開発行為をするために一方後退をしたわけですよ。

後退して新たに道路敷地となった土地を市区町村に移管したから、道路所有者は市区町村・・てケースです。・・で、市区町村が所有する公道で道路幅員は6Mあるので、その向かい側の物件は・・

セットバックしなくて良い・・わけではありません。向かい側が一方後退したおかげで道路幅員6Mの状況ではありますが・・2項道路が2項道路のままなら、建築をする際は元の2項道路部分の・・

道路中心線から2Mまでの部分を道路とみなし、仮に2項道路の幅員が2Mなら、現況より1M下がる事になります。その場合、・・元の2項道路の幅員2M+向かい側が開発行為で道路の敷地として・・

提供した部分(42条1項2号・開発道路部分)が4M+媒介物件が1M=合計7M道路になります。道路が公道で幅員4M、あるいは6Mでも、セットバックが必要なケースもあるって話でした。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.