ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも45
家の売却査定で売主と面談した際に、(たぶん、この人は成約しないな・・)と思うことがあります。横柄で自分勝手な売主に、現在の売却可能価格を伝えてよいものか?悩みますね。もし伝えたら・・

ブチ切れる可能性が大です。怒らせて得はありません。でも、お世辞で高い査定額を提示して媒介契約に持ち込んでも、そのような売主なら値下げは困難です。値下げの段階でブチ切れますよ。

そうなれば、それまでの苦労と時間と経費が無駄になります。最初から引き受けないほうが良いです。・・となると査定の段階で正直な価格を伝えて納得できた人だけ引き受けるのが良いですね。

相場より高く売っても文句を言う売主もいれば、安く売却する事になっても感謝してくれる売主もいます。どちらからも手数料はいただきますが、できる事なら好印象の人の物件を高く売りたいです。

ま、高く売りたい・・といっても、相場より高く売れば買主の不利益です。そのような大袈裟な意味ではなく、安易な値下げをせず、適正価格で売れるように努力したい・・って意味ですけどね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.