ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも47
高くて売れない媒介物件の値下げ交渉は疲れますね。ま、最初に高く受けるから後で苦労するのですが、売主は1円でも高く売りたいわけですから、本当に高すぎるのか?・・が争点となります。

価格改定の助言をする際は根拠を示す事と媒介契約書に記載されています。しかし、レインズで他社の安い物件を探して、「こんなに安い物件が沢山ありますよ!」なんて言えば信用を失います。

「だったら最初から言えよ!隠してたのか?」と思われるからです。売主は、(他社に任せたほうが売れる確率が高いのでは?・・)という思いもありますので大幅な値下げ交渉には応じません。

とくに地場業者が受けている物件の場合、売主が、(次は大手に任せてみて、それでも売れなったら値下げしようかな・・)と考えている可能性もあります。その考えを潰すのは楽ではありません。

大手の悪口を言ってみても説得力がないしね。(笑)ま、信頼関係があれば、不動産業者のアドバイスにも従うし、他社に逃げられる事もありません。信頼関係の構築は地場業者のほうが得意です。

大手は会社の看板だけで信頼されますので、営業マン達は信頼を得る努力をしなくて済むのです。ま、今は信頼されて当然という立場でも、いつか小さい会社に転職したら苦労しますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.