ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
愛と不動産
いわゆる『愛』と不動産は密接な関係であり、切っても切れない仲であると断言できます。ま、たとえば・・結婚するから家を買う、あるいはアパートを借りる・・子供ができたから家を買う・・あるいは・・

愛人のために部屋を借りる・・マンションを買ってあげる・・なんてケースもあります。大人の恋愛の延長線上には同棲や結婚があり、家探しをする事になります。そうなれば不動産屋の出番です。

また、愛を失っても不動産屋の出番です。離婚すればどちらかが出て行く事になり、出て行く人は新しい住居を探さなければなりません。実家に帰る人や社宅を借りる人は別ですが、多くの場合・・

不動産屋に行くのでは?愛人関係も金の切れ目が縁の切れ目・・買ってもらったマンションなら住み続けられますが、高級マンションの家賃を援助するという形だったら・・別れたら払えませんね。

不倫関係も、バレないで続いている時期は無事ですが、相手の旦那や奥さんにバレてしまったら離婚する可能性は高く、どちらが出て行くにしても、自宅を処分するにしても・・不動産屋の出番です。

とにかく、好きだから一緒に住む・・別れるから出て行くために部屋を探す・・というふうに、愛の始まりと終わりには不動産屋へ行くのです。『男女の愛』だけではありません。『親子の愛』もあります。

子供のために家を買う・・資金を贈与する・・子供と同居できる二世帯住宅を探す・・子供の借金を払うために家を売る・・親の介護をするために近くへ引っ越す・・親の医療費を払うために家を売る。

・・と、いろいろなケースがあります。逆に考えると、不動産屋と関わず生きるには・・人を愛さない・・結婚もしない・・子供も作らない・・親の家に住み続ける・・で、親より早く死ぬことですね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.