ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
分析
営業力とは取引を成立させる能力ですが、取引を成立させるには、相手から得た情報を分析する必要があります。メールや電話・面談で相手から得られる情報に多くのヒントが隠れています。

それにより相手を知り、成約確率を高める事ができれば、それも営業力だと思います。物件を紹介した際に、『仲介手数料はいくら位必要か?』『諸費用ってどれ位必要ですか?』という初歩的な・・

質問があれば、(まだ不動産を探し始めたばかりかな・・)と推測することができます。方位ばかり気にする人は、いわゆる【占い客】の可能性があります。顧客が優柔不断なタイプに見えたら・・

買い付けや申込みをした後で、『親に反対されて・・』なんて理由でキャンセルをしてくる可能性があります。ちなみに優柔不断なタイプは避けて通れません。営業マンが親切に『よくお考えになって・・

身内の方とも、じっくり相談してから、お申込みください。』・・とまで言っても、『大丈夫です。心配なさらないで下さい。私に決定権がありますし、もう決めました。』・・なんて言うので騙されますよ。

翌日の朝には電話がきて・・『じつはですね・・』と断られるパターンです。だから、分析や推測では回避できない不運もありますが、大半の顧客は、情報の分析で商談がスムーズに運ぶものです。

野球のバッティングで、腕力だけあっても視力が悪ければ玉が打てないのと同じです。(笑)・・ま、バットを振り回していれば、いつかは当たりますが、打率は極端に悪いでしょうね。(笑)ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.