ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
偉大なる不動産屋
若い頃にガラス屋でアルバイトをした事があります。サッシやベランダを建売住宅に設置する仕事でした。建築現場に行くと、ガラス屋以外にも、水道屋・・内装屋・・いろいろな職人がいましたが・・

現場を仕切っているのは大工さんでした。他の職人より偉いというか、怖い雰囲気でした。しかし、その大工さんも建築会社の現場監督には頭が上がりません。しかし・・その建築会社の現場監督も・・

仕事を発注した不動産屋(建売会社)には頭が上がらない・・という人間関係を学びましたよ。(笑)ガラス屋でバイトをしながら、(不動産屋が一番偉いなら、不動産屋のほうがいいな・・)なんて・・

思った記憶があります。ま、それで不動産屋に入ったわけでもないんですけどね。細かい物を売り買いする仕事より、不動産のほうが儲かるように思い、不動産屋に就職したと記憶しています。

趣味と実益を兼ねて古物商もしてますが、残置物を入手するためには解体屋さんに話をつけるより・・その解体屋に仕事を発注している不動産屋に話をつけたほうが早いですね。ガラス屋の時も・・

古物商を始めた時も、不動産屋の偉大さを認識しましたよ。(笑)不動産屋は取引関係者に対して、自らの立場を最大限に利用します。顧客にリフォーム屋を紹介したり・・引越し屋・・司法書士・・

測量士・・その他、いろいろな他業種の人を紹介して紹介料を得る事が可能な顧客の元締めです。そして、私は現在でも、売買物件や賃貸物件の現地案内をしている現役の不動産営業マンです。

不動産屋を下から見上げる事なく同業者として話ができます。ま、私は残置物を頂いても紹介料は払いませんが・・金を払って不用品を捨てるよりは良いのでは?お互いに利益がありますよ。(笑)

残置物はありませんか?



大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.