ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
真面目な話
専任媒介で受けた売物件が、最初の期間満了(3ヶ月以内)までに売れなかった時、委任を受けた会社が地場業者であれば、売主は、『やっぱり大手に任せるべきか?』と考えて、更新せずに・・

駅前の大手系仲介会社や、派手な看板のフランチャイズ加盟店に切り替えるケースがあります。媒介期間内に売却できなかった原因を、(会社が小さいから・・)や、(販売力がないから・・)と・・

考えた結果、大手やフランチャイズ加盟店に切り替えて、知名度・信用力・組織力・販売力を期待するわけです。しかし・・売れなかった原因が価格設定であるケースが大半で、値下げをしない限り・・

大手でも売れない可能性があります。・・で、期間満了後には、また最初に任せた地場業者に戻る事もありますので、大手に切り替える依頼人に対しては、最後まで笑顔で親切にすると良いです。

大手に任せた売主は大手を過大評価していますので、売れなかった時には期待はずれだったと幻滅します。その後には、最初に任せた地場業者の営業マンと、次に任せた大手の営業マンを・・

比較して、好感のもてる人のほうへ任せる依頼者も少なくないのです。どちらに任せても売れなかったわけですから、次は、会社の規模や知名度ではなく、一生懸命に動いてくれた営業マンに・・

任せたいと考えるのでしょう。私はいくつかの大手系仲介会社を渡り歩き、多くの同僚達と接してきましたが・・大手系仲介会社の営業マンは地場業者を見下しているし、会社の信用力に甘えて・・

手抜きが多いです。値下げに応じる売主には親切ですが、値下げに応じない売主はほったらかしで、物件は塩漬け・・なんて担当者が多いです。その雰囲気は売主に伝わり、売主は後悔をします。

・・で、どうせ値下げして売るなら好印象の営業マンに任せたい・・となります。そう思わせる事も【営業力】です。媒介を他社に切り替えられても、成約するまで勝負はついていないのです。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.