ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも72
○売買契約の予定があるため、重説のための調査をしなければなりません。媒介時に基本的な調査は済ませてありますが、登記事項証明や公図等も取り直しだし、やり直しみたいなもんです。

私は調査に関して細かい事が気になるタイプなので、物件調査をしていると次から次へと疑問が発生します。それをクリアしないと不安になり、ストレスにもなるため、気分は良くありません。

・・では、他の者に調査をしてもらえばどうか?・・ま、その人が完璧な調査をしてくれるなら安心ですが、自分より経験が浅く知識もないなら・・心配になって調査をやり直す事になります。だから・・

最初から自分でやったほうが良いのです。(笑)とくに役所での調査は、聞き方で答えが違うケースもあるし、役所の職員が言った意味をどう理解するか?も調査に行った者により違ったりします。

新人が調査へ行くと、その土地に建物が建つか?建たないか?という単純な解釈をしがちですが、あらゆる角度から検証しないと答えはわかりません。たとえば、【市区町村】が良いといっても・・

【都道府県】の許可が必要になるケースもあります。その逆もあります。また、現行法でクリアしても、来年には法律や条例が変わり、問題が発生するケースもあります。契約時に問題がなくても・・

決済時には法律が変わってたりね。(笑)ま、そんなリスクまで考えてしまうと・・眠れなくなります。(笑)どこまで調べるか?・・どこで止めとくか?毎回のように悩みますよ。・・細かい人はご用心。

追伸/残置物ありませんか?

残置物はありませんか?



大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.