ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも73
不動産業界に離婚経験者が多いことは数え切れないくらい書いてきました。私が新人の頃は、そのような人達を見て、反面教師というか、悪い見本というか・・心の何処かで軽蔑をしていましたよ。

私自身の話はぼやかして書かせていただきますが、離婚は決断力もいるし、その決断をする理由もあるわけです。しかし、離婚経験のない既婚者にも夫婦間における不満はあるはずですが・・

それでも世間体や社会的な立場を守るため、子供のため、あるいは離婚という苦難を避けるため、家庭内離婚の状況でも離婚はせず、形式的な婚姻関係を継続している人達もいる事でしょう。

男性の立場で書きますが、男は彼氏から夫・・やがて父親になり、家族から邪険にされる悲しい存在となりつつも、家族に給料を届けるため働き続けるのが一般的です。それが男の生き様・・義務・・

常識・・一般的・・なわけです。そのような【亭主、元気で留守がいい】という邪魔者扱いの男性でも、金さえあれば外でモテマス。・・そう、不動産営業マンは歩合報酬があります。良い時期なら・・

アブク銭が稼げます。そんな状況で出会った女性に恋をして深い仲になり、『愛している!』と言われたら・・家では邪魔者・・死ぬまで給料を運び続けるだけの存在なら・・家族を捨て、新たな・・

人生を選ぶ事も選択肢の一つとなるわけです。どうせ一度しかない人生なら!・・と、財産の全てを家族に渡して、破綻した結婚生活をリセットした不動産仲介営業マンを数多く見てきましたよ。

好きな人と残りの人生を生きる・・不動産業界に離婚経験者が多いのは、愛に忠実な正直者が多いという証かもね。捨てた家族に対しては無責任ですけどね。結婚した事を後悔している人には・・

たくさん出会いましたが、離婚した事を後悔している人には、あまり出会ったことがありません。(笑)しかし・・再婚して、子供をつくり、家族から邪険にされ、再び後悔する者はいます。(笑)・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.