ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
問題
平成22年度の宅建試験は、10月17日(日)に実施されます。・・そんなわけで、今年も私のオリジナル問題を記載します。

【問1】不動産仲介の営業職に関して、次の記述のうち正しいものはどれか。

1.不動産仲介会社において、男性営業職の恋愛対象となりやすい
 のは、女性事務員より女性営業職である。
2.司法書士と測量士では、司法書士のほうが不動産仲介担当者
 に払うリベート金額が高いケースが多い。
3.外国人の買主の中には、値引き交渉を繰り返す人もいるので
 注意が必要である。
4.大手系不動産仲介会社では、チラシ配り(ポスティング)をサボっ
 たくらいではクビになることはない。

【解答】
1.間違い・・女性営業職は気が強くて扱いが難しいため恋愛対象と
 なりにくい。交際するのなら相当の覚悟が必要である。
2.間違い・・司法書士が得る報酬より測量士が得る報酬のほうが高
く、それに連動して測量士が払うリベートのほうが高い。
3.正解・・外国人の中で、とくに東アジア系の買主の中には、物件
 紹介時、現地案内時、契約交渉時、契約前日、契約当日まで値
 引き交渉を繰り返す人もいるので注意が必要である。
4.間違い・・チラシ配り(ポスティング)をすると言って外出し、昼寝
 をしていた事が発覚して解雇された営業職は数多くいる。

・・正解は3


【オリジナル過去問題】
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.