ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも79
○いわゆる【占い客】は、早期発見が容易いので、早期に切り捨ててしまえば【時間・経費・労力】の無駄も少なくて済みますが、占い師や宗教に洗脳された業者は判別が難しいので、やっかいです。

ま、いうなれば、【占い客】ではなく、【占い業者】ですね。社員を採用する際は、応募者の生年月日で占う業者もいます。物件を仕入れる際、最終的な結論を占い師に委ねる業者もいます。マジで。

○フラット35は審査が甘い事で知られていますが、売買契約書の金額欄をいじくって、フラット35の融資金額を増やす・・なんて事してる不動産会社もあるようです。・・で、そのような不正行為が・・

発覚する原因は不動産情報サイトです。たとえば【売買金額3,000万円】で申請しているのに、不動産情報サイトに【価格2,700万円】と掲載されたままだったら、バレますよね。普通の銀行融資なら・・

高確率でバレますが、フラット35だってバレますよ。・・で、不動産会社によっては、そのようなミスを防ぐために、フラットや銀行融資を使う可能性の高い物件(社有物件)は不動産情報サイトに・・

掲載しないように徹底しているとの話を聞きました。不動産情報サイトやホームページに掲載した事で不正が発覚する事を、【ネット・バレ】と言うみたいです。ネットでバレる・・初めて聞く隠語です。

【不動産業界の歩き方・不動産業界用語】ページの隠語コーナーに追加しようかな。(笑)・・ま、狭い地域だけで使っている隠語の可能性もありますので、もう少し様子を見ることにしますよ。

○管理物件の家賃を使い込んでしまう業者がいます。借主が管理会社へ支払う期限と、業者が貸主へ支払う期限は違いますので、金に困った業者は管理物件の家賃に手をつけてしまうのです。

被害金額が大きいケースもあるようです。マンションの修繕積立金みたいに、法律で預かり金の管理方法を制限すれば解決しますけどね。業界団体等の規約や指導・・程度では解決しませんよ。

○宅建の試験が迫りましたね。このブログを読む暇があったら問題集でもやったほうが良いですよ。(笑)今、頑張らないと、来年の今頃にまた同じように試験勉強する事になりますよ。・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.