ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
美人の話
○不動産営業は客商売であり、当然ながらいろいろな人と出会うわけですが、先日、もうありえないくらいの美人と出会いました。(笑)ま、個人的な主観というか、好みの問題もありますけどね。

ま、私は相手が美人でも、他の顧客より優先したり優遇したりはしません。淡々と仕事を進めるだけです。そんな自分のことを、(俺も落ち着いた大人になったものだ・・)と自画自賛しています。(笑)

○最近に知り合った業者の社長さんが賃貸物件に客付けをした時の話です。物件を案内後に賃貸条件に関して交渉されました。フリーレントで2ヶ月分の賃料を免除して欲しいとのこと。そんな話は・・

断ると言うと・・『絶対に借りるから、断らないで欲しい!』との事でした。そういえば、案内した顧客が美人だと社長さんが言っていたのを思い出し・・私なりの推測をしました。・・まぁ、聞いてください。

賃貸物件を案内された顧客(女性)は美人だった。物件を気に入り、借りたい!・・という流れになった。しかし、社長さんは美人の客に対して恩を売りたかった。ようするに、好かれたかったのです。

・・で、美人の顧客に対して、『私が交渉して2ヶ月分の賃料を免除させますよ。』と、余計な事を言ってしまった。しかし、それで商談が壊れた場合、美人の顧客から、『社長さんがよけいな交渉を・・

して失敗した結果、他の人が優先されてしまったのね。』という評価になります。それだけは避けたかった。だから、『絶対に借りるから、断らないで欲しい!』というセリフが口から出たのでは?

顧客の口から出た要望や条件ではないのに、業者がカッコつけて、より良い条件を顧客に提案してしまう事もあります。ま、成功すれば感謝されますが、断られるリスクは説明しないとね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.