ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
紹介者の想い
昔の話です。私が知人に仕事を紹介した時、知人は他の仕事で忙しかったためか?・・私が紹介した仕事を自分では担当せず他の者に担当させる・・と言いましたので紹介するのをやめました。

たぶん知人は・・自分の知り合いから仕事を紹介された。・・知人が困って自分を頼りにしてきたのだと思った。・・他の者に担当させても逃げない客と判断した。・・って程度の認識だと思いますよ。

私は・・別に困ってなどいないし、頼っているわけでもない。・・誰に任せてもいい仕事だけど、どうせなら知人に紹介したほうが、知人の業績になり喜ばれると思ったが・・知らない奴に回す程度の・・

軽い扱いなら紹介などしない・・と思ったわけです。これは私が紹介者の立場で体験した話です。最近、私はこのブログで残置物の募集をしているので、多数の業者さんが仕事を紹介してくれます。

私は、『残置物が減って廃棄処分費用を節約できますよ。』とアピールをしていますが、依頼・紹介をしてくれる業者さんの中には、『節約とかは意識していないけど、不動歩さんが助かるなら・・』

・・や、『不動歩に会ってみたい。』 『喜んでもらいたい。』という想いでご紹介していただいているケースもあります。(実際に助かっているし、大喜びしてます)だから忙しくても必ず私が行ってます。

仲介の仕事も同じです。『この人の成績になれば・・喜ばれたい・・役立ちたい。』という想いで紹介者から友人・知人をご紹介いただいているのです。その気持ちを理解できないなら営業の仕事は・・

不向きです。間違っても、仕事を紹介された立場なのに、人を見下す対応はしない事です。それほど頼りにされる人物と自分を過大評価する人には・・何を言っても無駄ですけどね。(笑)ご用心。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.