ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも101
『近々、大きな金が入る』と言う不動産ブローカーがいます。たしか、春頃には『夏頃に金が入る予定』と・・夏に会った時は『秋頃には・・』と・・そして現在では、『年内には・・』と言っています。(笑)

ま、たしかに建売用地で開発行為や農地転用がからむ物件は時間がかかります。当初に予想していた時期より長引くケースも多く、また、予想外の問題が発生する事もあります。最終的には・・

金になるとは思いますが、先々に金が入る予定を第三者にアピールする理由は・・金が入る予定があるので、金を貸してほしい・・とか、家賃の支払いを待ってほしい・・とか、ま、そんな話です。(笑)

そんなかんじの不動産ブローカーは星の数ほどいますよ。(笑)日本における不動産ブローカーの定義は曖昧で、あだ名とか隠語みたいなものです。たとえば、そのような不動産ブローカーが・・

ワンルームを借りて、宅建業の免許をとり・・宅建業者の代表取締役となれば・・不動産ブローカーとは呼ばれなません。今までと同じ動きをしても、業者取引を専門とする仲介業者という扱いです。

宅建業の免許を取らず、宅建業者のフルコミッション営業として活動する不動産ブローカーも多いです。その場合、不動産ブローカーでもあり、業者取引を専門とするフルコミ営業・・とも言えます。

私も業者取引が多いフルコミ営業ですが、一般消費者との取引もしますし、暇な時は賃貸の仲介もしてます。基本的には会社(店)に出勤していますので、不動産ブローカーの自覚はありません。

同業者が私を見て、どのような立場だと判断するか・・は別ですけどね。(笑)ま、『不動産ブローカー』と呼ばれるほど私は物件を動かしてはいません。不動産取引の数は食える程度の最小限で・・

良いと思ってます。大手の営業みたいに、会社のため・・役員や総務、経理などの扶養家族的な人員まで食わせるために無理して多くの取引をする必要が無いしね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.