ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも102
付き合いの長い同業者と会ったので、『最近はどう?』と聞くと・・ちょっと怖い話を聞きました。管理物件の賃借人から、『今まで支払った更新手数料を返せ!』という内容の手紙が来たそうですよ。

その業者の管理物件に住む賃借人に最強の弱者がいて、他の賃借人を扇動しているそうです。その煽りで数人の賃借人から同様の手紙が配達証明や内容証明で届いている・・と言ってました。

・・で、どのように対処するのか?聞いたところ、とりあえずは戦う方針みたいです。ま、法律は変わりますし、判例はケース・バイ・ケースですが、いずれにしても契約書や重要事項説明書に・・

家主へ支払う更新料とは別に、仲介業者に対して更新手数料を支払う事を契約条件とする記載が無いと完全に負けますね。関連する法律は、宅地建物取引業法、消費契約者法、その他ですが・・

消費者(契約者)に不利益がある事項に関して誤解のないようキッチリと説明したか?・・は紛争の際に必ず争点となります。もちろん紛争に備えた書類作りも重要ですが、いわゆる最強の弱者は・・

最初から排除したほうが良いので、そうゆう意味でも最初にキッチリとした説明をして、将来的に意義を唱えるのなら、最初から契約などしないで欲しい・・と契約前に告げるべきですよ。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.