ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも108
不動産営業マンに限った話ではありませんが、社員は会社に不満があり、会社は社員に不満があるものです。その不満の大半は固定給制である事が原因です。たとえば、上司が部下を叱るのも・・

会社が固定給を払っているのに怠けている・・固定給を払っているのに成果がない・・固定給を払っているのに勤務態度が悪い・・という事です。上司も職務で部下を指導して固定給を得ています。

誰でも100万円を奪われたら怒ります。100万円を盗まれたら事件です。しかし、不動産屋の社長は・・成果を上げない営業に給料を3ヶ月間払い、その間の経費を払えば確実に100万円を失います。

しかし、笑って100万円を捨てる経営者は少ないので・・成果の上がらなかった営業マンは職を失います。この流れは転職しても転職先が固定給制もしくは固定給ブラス歩合制であれば同じです。

固定給は成果が上がらなくても支給されますが、それに対しての甘えが業績不振を招きます。その結果、2~3ヶ月程度の業績不振で職を失うのであれば、固定給は固定収入とは言えませんね。

どうせ不安定ならフルコミッションのほうが良いです。就業規則に縛られず、成果を上げる事に特化した動きができます。仕事をやっている演出など不要です。無駄なサービス残業もありません。

成功報酬なので、会社は無駄な人件費を払うリスクが無くなります。営業経費に関しては会社によりルールが違いますが、少なくとも無駄な給料は払わなくて良いので、その資金を他に使えます。

成果が上がらなければ無収入・・という立場なら誰でも必死に働きます。必死に働けば成果が上がる確率が高まります。成果が上がれば高収入を得ることができます。結果的に会社も儲かります。

固定給制でも、固定給プラス歩合制でも、フルコミッション制でも、独立開業しても・・成果が上がらなければ食っていけませんよ。成果を上げるには自分自身を追い込まないとね。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.