ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話65
25年以上は不動産の仕事をしていますが、不動産業界に長くいる事により、世の中の出来事の多くを不動産屋の目線で見てしまう癖がつきました。ま、偏った考え方である事は間違いありません。

お金に関しても不動産屋の感覚は大雑把です。1円2円・・という単位の仕事ではありませんので、細かい単位の金額のやりとりを面倒に感じてしまいます。固定資産税の日割り計算をする際も・・

細かく計算しますが心では、(1,000円未満の端数は切り捨てにすれば楽なのに・・)なんて思うわけです。大金を動かし、細かい小銭は気にしない・・それがカッコよくて男らしい・・そんな感覚ですよ。

私は副業で探偵業(調査員)と古物商の経験をしましたが、これは仕事の延長線でした。不動産の調査を覚えながら、(不動産以外の調査も面白そうだな・・)と思い、中古住宅の取引をしながら・・

(不動産以外の中古品も扱いたいな・・)と思ったわけです。・・で、探偵業の経験により人間の見方が変わり、古物商の経験により商売の考え方が変わりました。それと、知識の幅も広がりましたよ。

古物商のほうはご存知のとおり続けています。不動産仲介の仕事は地元密着ですが、古物商は広域で仕事ができるし、不動産の仕事では大金を動かし、古物商としては日銭を稼ぐ事ができます。

二兎追うものは一兎も得ず・・とならぬよう、気をつけなければなりませんが、不動産一筋の不動産バカから脱却できたメリットは大きいです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.