ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話128
○生活保護の受給者に賃貸物件を斡旋している不動産会社なら、夏の暑さは不安要因です。なにせ、生活保護の受給者の多くは高齢者です。元気に働けたら生活保護は受けられないので・・

働いていないわけですが、働けない理由は【重い病気】です。病気等で働けない高齢者=病死の確率が高いです。猛暑で体力が弱まると亡くなりますよ。独居老人の場合=孤独死もありえます。

・・で、そのような生活保護を受けている独居老人にばかり部屋を斡旋している不動産会社(管理会社)の場合・・バタバタと複数の賃借人が亡くなる事態となります。いろいろな苦労がありますよ。

①多くの場合、病院で亡くなりますが、稀に物件内で亡くなり発見が遅れる可能性がある ②遺品の処理や解約手続きに苦労する ③不景気な時期に空室になり入居者募集をする苦労・・等です。

苦労以外にもいろいろあります。先月まで家賃を持参していた顔見知りの人達が亡くなるわけですが、そんな出来事が繰り返される事で、他人の死に鈍感になります。大切な感情を失うのです。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.