ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
操り人形
○不動産仲介営業マンにはリベートにまつわる疑惑がつきものです。潔白か?否か?は当事者しか知りえないケースが多く、支払い側か受け取り側が自白しない限り疑惑のままで終わりです。

『こんな悪い事をしている営業マンがいますよ~私は違いますけどね。』・・なんて吐き気がする話を書くつもりはありません。だいたいね・・そんな事を言っているクソ野郎は100%やってますよ。(笑)

ま、リスクを承知で受け取っているなら、何も言う事はありませんが、このブログは新人の方も見ているので、新人向けにリベートのリスクと注意点を書きます。仲介取引に関連するリベートには・・

法的に問題のあるケースがあります。(合法でも社内規定では規定違反となるはずです。)たとえば、仲介手数料には宅建業法で定めた上限があるため、上限ギリギリまでは仲介手数料として・・

会社で受け取り、上限を超えた部分を担当者がリベートとして受け取るケースがあります。実態は全て仲介報酬なわけですから脱法行為です。このようなケースで、リベートを支払った側の業者と・・

後日に紛争が生じた場合、『宅建業法で定めた報酬の上限を超えて、アナタは違法な手数料を受け取ったのだから、アナタの会社に責任を取ってもらいますよ!』・・と脅される可能性がありますよ。

リベートを受け取った営業マンは、操り人形のように業者から遠隔操作されるか?会社にバレて解雇されるか?の選択しかありません。社長が社員の小遣い稼ぎに目を光らせるのは、そのような・・

リスクがあるからです。自分の会社の社員が他業者の操り人形になり、悲劇的な末路になる事を危惧しているのです。アナタの周囲にも、隣の席にも・・操り人形がいるかもしれません。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.