ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話157
○不動産売買契約書の特約事項についてですが・・たとえば同じような物件、または同じような契約条件の取引でも、担当営業マンにより特約事項に記載する内容に違いがあるケースがあります。

会社の方針とか、上司の指示により、特約事項の記載内容が管理されていれば、誰が担当しても記載すべき内容の洩れを防げます。営業マンにより違いがあるという事は、営業担当者の裁量で・・

自由に記載できるという事です。ま、良く解釈すれば、営業マンに任せている・・と言えますが、悪く解釈すれば、特約事項の記載内容を指示できる能力・知識・経験が上司に無い・・とも言えます。

営業マン達の能力・知識・経験は、それぞれバラバラなわけで、未熟な営業マンとベテランの営業マンでは契約書の記載内容が違うという状況は問題ですよ。・・というのは、そもそも売買契約書の・・

特約は・・契約当事者間の紛争を避けるための追加ルールみたいなものです。そのような重要な事を、担当営業マンの個人能力に依存していると客が知ったら・・どう思われますかね。(笑)

ま、不動産取引は2つと同じものは無いわけですから、契約書の記載内容も違うのは当然ですが、営業マンの性格により、特約事項に記載したり、しなかったりするケースが多いのです。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.