ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話176
○私の過去を振り返ると、仕事に関しては楽しい事より辛い事のほうが多かったように思えます。ま、何をどう思うかは個人差があります。私は何事も楽観視できず、深く考え過ぎるタイプです。

20代は大半を地場業者で過ごしました。その頃は契約書や重要事項説明書の記載内容について悩んだ記憶がありません。市販の契約書等で空白を埋めて、特約に少し書き足す程度でした。

大手系列会社と共同仲介をした際は、(まったく・・細かい事ばかり書きやがって・・)と思いましたが、その後に大手系列会社に転職してからは、合意文書の重要性と不動産取引の怖さを知りました。

人は、自分の手を見れば・・手しか見えないので、普通でいられるのです。しかし、その手にはたくさんの黴菌が蠢いています。見えないから怖くないけど・・見えたとしたら気持ち悪いし、怖くなり・・

頻繁に手を洗う事でしょう。不動産取引の契約書類に細かさを求める者は、不動産取引の怖さを知る者です。手についた黴菌が見えてしまう者が、頻繁に手を洗うようなものです。そんな感覚を・・

身につけた者には精神的な副作用があります。何事も楽観視できず、何事も考え過ぎるのです。そして、何事にも不安が付きまといます。・・先々に起こりうるリスクを推測してしまう事が原因です。

契約恐怖症になる者もいますが、契約をするのが営業マンの仕事です。強い責任感と職務遂行能力が必要ですね。仕事が楽しいという感覚は失っても、仕事だけは失わないようにね。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.