ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話195
○水曜の定休日で台風・・それでも店に出てみましたが・・暇でした。ま、店でも何処でもPCさえあれば、やる事はありますので退屈はしません。(笑)それにしても台風はトラブルを誘発しますね。ボロアパートの管理をしていると、アッチコッチがぶっ壊れますよ。

台風が過ぎ去った後は、苦情の嵐・・それが賃貸管理をしている業者の宿命ですが、売買仲介においても台風は脅威です。とくに契約前の物件、契約直後の物件、決済前の物件、決済後で瑕疵担保責任の期間内の物件・・いろいろなドラマが展開されます。

引渡し決済を終えて・・台風で雨漏り・・雨漏りの原因は、今回の台風によって初めて発生したものなのか?・・それとも、契約前から雨漏りをしていたのか?・・という問題になります。もし、契約前から雨漏りしていたのなら・・契約前に説明していたのか?が・・

問われます。大半の不動産仲介会社では、売買契約の際に、雨漏りの有無を含む【建物の故障・不具合】について売主に確認をして、物件状況確認書に記載・書名・押印をします。買主も説明を受けた後で署名・押印をします。売主も知らなかった故障・不具合・・

に関しては・・売主の瑕疵担保責任を免責とする契約なら瑕疵担保責任は免責となります。しかし、売主が知っていて、それを黙っていたのなら免責にはなりません。そのへんを疑って攻撃してくる買主も稀にいますよ。ま、どんなに完璧な説明をしても、説明を・・

受ける側が素人なので、その【素人の立場】を武器に、最強の弱者に変身されちゃうと大騒ぎになります。不動産屋も、商売の相手は不動産ではなく人間なので、その人間の性格・人格・癖により・・トラブルになりようが無い取引でも、トラブルになる事もあるし・・

逆に、絶対にトラブルになるような取引でも、トラブルにはならない事もあります。現在のような不況の時は、客を選ぶ余裕が無いため、トラブルの確率は高いですね。ま、仲介営業マンを長く続けていれば嫌なトラブルを何回も経験しますよ。台風の後はご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.