ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話202
○知人の社長さんが来年のカレンダーを発注している事を知り、なんか焦りましたよ。年末まで3ヶ月もあるし、その3ヶ月間の生活費を稼がなければならない私としては、アッ!という間に年末になるなんて許されません。ジックリ・・と稼ぐ時間が欲しいのです。

○帰宅後に缶チューハイを飲みながら続きを書いています。当ブログは他の不動産ブログとは違い、気楽に書いてるブログです。不動産屋の社長が書いているブログのように、誠実さとか真面目さをアピールしたり、忙しいふりをする必要がまったくありません。

もちろん真面目で誠実なのは良いことだし、暇だと無能扱いされるので、忙しくて儲かっている演出をする行為も理解できますよ。ただ、私のブログにはそのような演出は必要ないので、カッタルイ事をしないだけです。必要に迫られたら私でも演出しますよ。(笑)

○経営者が誠実な社員を求める理由は、倫理観や道徳観によるものとは限りません。たとえば、管理するため・・とかね。不動産仲介は営業マンの個人能力に依存した仕事なので、管理が難しいのです。だから、管理をするのがラクなタイプの社員が好まれます。

管理がラクなタイプの社員とは・・新人とか、真面目、誠実・・ってタイプですよ。もっとわかりやすく言えば、「逆らわないタイプ」です。言われたとおりの行動をするし、裏切り行為をする確率も低いです。逆に言うと、「能力が高くとも、気性が激しく、逆らうタイプ」や・・

「自分より知識・経験がある者」・・は敬遠します。自分の管理能力を超える人材は脅威なのです。しかし、自分の管理能力が低いので管理がラクなタイプを好む・・とは言えないので、管理がラクな者を「善」とし、自分の器量や管理能力で対応できない者を「悪」と・・

位置づけして、道徳的な観点から正義を語る・・というスタイルになるのでは?(笑)逆らう者がいないのは良いですが、間違いや判断ミスを指摘する者はいないと困りますよ。自覚のない判断ミスは・・取り返しのつかない最悪の事態を招く事もあります。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.