ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話215
○私はガンガン売るタイプの営業では無いのですが、今になってみれば、それで良かったと思います。自慢できる事は少ないですが、顧客に無理をさせたり、強引に契約を迫るような事はしなかったので、私の担当した顧客は、他の営業マンが担当した顧客と・・

比べて、自宅が競売になる確率は低いと思います。借入可能額のギリギリ上限まで借りて家を購入した人は不況になると最悪です。全ては顧客の自己責任と言ってしまえばそれまでですが、担当営業マンにより紹介される物件も違うし、アドバイスの内容も・・

違います。探りでローン打診(事前審査)をして借入可能額を把握し、『○○○○万円まで借入れ可能です!頭金無しで新築が買えますよ!』と勧めて、パワービルダー系の建売でも紹介すれば両手確実ですが、数年後には、滞納・差押・競売・・もありえます。

営業マン主導で購入物件が選定されるケースは多く、担当する営業マンにより顧客の運命は違ってくるのです。ま、私が担当した顧客でも不幸になった人はいるし、自殺した人もいるとは思いますけどね。購入価格で無理をさせなくても、勤務先が倒産したり・・

リストラされたりして収入が途絶えればローンは払えず家を失います。家賃並みの支払いで購入できる物件だけを紹介したとしても、不運は避けられません。・・ま、占い師にでも相談すれば、方位や間取りにより不運を避ける事ができる・・と言われると思いますよ。

説明責任を問われない人達ですから、何でも言えて羨ましいですよ。(笑)仲介営業マンは、『たぶん大丈夫です。』と言っただけで大変な事になる可能性があります。顧客の運命も大切ですが、自分の運命も大切です。顧客との会話は慎重にね。(笑)ご用心。

追伸/解体予定の建物内に残置物はありませんか?
残置物はありませんか?

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.