ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話223
○先月、800円で買った人形が20,000円位で売れました。最近は、50円で買った皿が20,000円位で売れました。利益率は高いです。品物の流通価値を知っているか?知らないか?・・で損得が決まります。これが古物商の面白さです。大事なのは目利きですよ。

不動産業においても物件の目利きは重要です。とくに中古物件の買取再販業者(仕入担当者)は目利きが必要です。儲かると思って仕入れた物件を大赤字で処分するケースは珍しくはありません。利益率が低い物件は、少し値引きすれば赤字になります。

レインズの売り出し事例や成約事例を参考に買い取り価格や売り出し価格を算出するケースが一般的ですが、同じマンションの同じ間取りでも、売れる部屋と売れない部屋があるわけで、データだけで判断するのは怪我の元ですよ。ま、それでもマンションは・・

戸建よりはリスクが少ないですけどね。土地や建物の場合、隣の家と比べて価値が数倍も違うなんてケースもあります。隣の家は問題のない状態でも、対象物件は接道義務を満たしておらず再建築不可・・とかね。土地は油断できません。崖や要壁があったり・・

私道持分が無かったり・・隣接地の埋設管が埋まっていたりします。軟弱地盤で建物が傾斜している物件を仕入れたら最悪です。大幅な値下げをしても売れません。そもそも消費者は、【安いから買う】のではなく、【住む】【貸す】などの目的のために買います。

近隣相場の半額でも、建物が傾斜していて、中にいると目眩がするような家は買いません。昔の話ですが、立地に問題があり、建物が傾斜している物件の売却相談を受けた事があります。当時の数年前に3,000万円で購入したそうですが、私は一般消費者に・・

売る自信が無かったため・・「激安で処分するなら、お引き受けしますが、後で騙された!と言われたり、恨まれても嫌なので、できれば引き受けたくありません。他社に相談してはいかがですか?」と突き放したのですが・・どうしても売却てほしいと懇願されて・・

知人の社長にお願いして数百万で引き取ってもらいました。あれから10年は経過しました。数十件は買い取っていただいた会社ですが、その物件だけは現在も売れずに残っています。たまにレインズ検索をしている時に発見しますが・・嫌な気分ですよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.