ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話253
○『家賃の支払いを来月末まで待ってほしい。』・・という人が増える時期です。そんな話を耳にすると、(まず無理だな・・)と思います。・・というのも、来月の末って12月末=年末ですよ。大半の業者が28日くらいには仕事納めです。・・で、28日までに払うと・・

承諾させても当日に支払わなければ・・翌日から正月明けまで不動産屋も休みなので【逃げ切り成功】です。年明けまで催促されずに済むわけです。しかし今(11月の終わり頃)の段階ではその作戦を悟られぬよう、12月末に払う気持ちがあると熱演するわけです。

だいたい、既に数ヶ月分を滞納しているのに、今月末も払わず、『年末にまとめて払う』なんて話は冗談にしか聞こえません。滞納すればするほど回収は困難になります。『催促するもの疲れたので、夜逃げでもしてくれたほうが助かる』とぼやく業者もいますよ。

○物件の近くにある仲介業者に客付けを依頼せず、少し離れた地域の仲介業者へ客付けを依頼する貸主がたまにいますが、話を聞いているうちに謎は解けます。近くの不動産屋が動いてくれない=不動産屋が動かない理由がある=貸主が変わり者だったり・・

相場を無視した非現実的な賃貸条件だったり・・賃貸契約の更新事務も、家財保険の更新も全て貸主がやり、空室を埋めるための仲介だけを依頼する・・とかね。何らかの理由で不動産屋から嫌われているわけです。そのようなケースでは、何処の不動産屋に・・

行っても嫌われるのは同じです。貸主さんは不動産屋のお得意様であり、不動産屋に大切にされるケースが多いのに、地元の業者から敬遠されているとしたら、それなりの理由があると思ったほうが良いです。さて、11月ももう少しで終わりです。頑張りましょう!

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.