ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話278
○不動産売買の仲介営業職は、【営業】ですが、セールスをしている時間は少なく、顧客と会わず、話さず、別の事をしている時間が長いです。たとえば大手系仲介会社の場合・・月曜はチラシ物件の収集~選定~チラシ作成・火曜はチラシ印刷・水曜定休で・・

木曜も印刷・・なんて流れが一般的です。私も大手系列会社を3社は渡り歩きましたが、ま、何処も似たような動きですよ。もちろん、朝から晩までそんな事だけをしているとは限りませんが・・朝から晩までそんな事をしている営業マンも少なくはありませんよ。(笑)

空いた時間にチラシ投函へ行ったり、ダイレクトメール(DM)を作成・発送したり、顧客宛に資料を発送したりしても、【顧客と会う、話す】には該当しません。顧客の自宅へ資料を届けても、留守で郵便ポストに入れただけなら、【顧客と会う、話す】に該当しません。

顧客に会う事や電話で話す事・・少ないんですよ。他人を自宅へ招く習慣は消えつつあります。昔と違い、セールスマンを自宅へ入れてコーヒーを出す家は少ないです。固定電話もいたずら電話やセールス・勧誘が多いので、【出ない】という人も増えています。

ま、そんなわけで、昔と比べて、顧客と会うチャンスはかなり減りました。顧客が来店した際は面談して話すことができるので、そのチャンスを最大限に生かす必要性を感じますが、難易度は高いです。会った時に、『良い物件がでましたら、お知らせします。』と・・

言えば、『いや・・資料を送っていただければ結構です。』とか、『ポストへ入れておいて下さい。』と返答されて終わりです。たぶん、2度と会うことはないでしょう。(笑)次回なんか無いんですよ。すぐに希望物件を紹介できる状況でないと逃げられます。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.